« 膀胱炎にクランベリー | トップページ | 子供の職業 »

2012年6月 9日 (土)

ルネスタ錠

少し前に、ルネスタ錠が発売された。

勉強会は行われていないが、MRさんに話を聞くことができたので、

少し触れてみたい。

ルネスタは既存の短期作用型薬剤であるアモバンの光学異性体。

何故、サノフィ・アベンティスのアモバンの光学異性体であるルネスタが、

エーザイから発売されているのか詳しく聞き忘れた(まさか違うメーカーとは思っていなかった)が、

アメリカの会社が創薬したようで、ライセンスの問題だろう。

実際には、マイスリーとの比較がよくされるようだ(クロスオーバー試験をしている関係で)。

T1/2が約2時間のマイスリーに対して、ルネスタは約5時間。

そのわりに、翌日持越しなどのS.Eは、大きな違いは出ていないらしい。

Tmaxは、約0.8時間のマイスリーに対して、ルネスタは約1時間。

効果の立ち上がりは、あまり変わらないと言える。

アモバンの光学異性体なので、用量は単純に半分かと思うと、

7.5mg、10mgのアモバンに対して、ルネスタは1mg、2mg、3mg。

減量されているのは、効果に対する用量設定を改めて行った結果だそうです。

単純に考えると、アモバンの用量が多いということだが、

現場での手応えとしては、アモバンがそれほど効きすぎるかというと、

少し疑問が残る。

アモバンからの切り替えを考えるべきかと思ったが、

アモバンとのクロスオーバーは行っていないらしく、

効果の比較はできていないらしい。

マイスリーとの用量による効果比較はされていたが、細かくは忘れた(ゴメンナサイ)。

実際は、添付文書通りの用量設定で服用し(基本2mg、高齢者1mg)、

改めて効果を考えたほうがいいかと思う。

アモバンというと、粉砕した際などの強烈な苦味が有名だが、

ルネスタの添付文書に苦味の記載はない(そもそも味覚には触れられていない)。

S.Eのデータを見ると、3%以上で味覚異常が出ているので、

苦味は残っていると思われる(確認し忘れた)。

あやふやな情報でスイマセン。

以上、参考までに。

そういえば、サバチャンおめでとう。

いいパパになれよ。

薬剤師岡チン

« 膀胱炎にクランベリー | トップページ | 子供の職業 »

薬剤師」カテゴリの記事

コメント

まず、出産のコメント有難うございます。
ルネスタについても注目していただき有難うございます。実臨床においてアモバンの効果についてはかなり評価されていると思います。ただ、苦味があり服薬を拒む患者様が多数いるのも現状かと思います。
ルネスタの苦味(味覚異常)38.6%であり、残っています。ちなみにアモバンの添文上の苦味は4%台です。これは昔と今との有害事象の取り方の違いです。

海外ではさサノフィーなのに日本ではエーザイな理由は僕も知りません(^_^;)

マイスリーとは、比較試験があるため言えますが、アモバンとの比較試験がなくすみません。これはアメリカではアモバンが売られていなく、エスゾピクロンだけしか売っていないことに起因しているかといます思います。

これから、実臨床での効果をお教えいただければと思います。
長くなりすみません。

あっ補足です。マイスリーとの比較試験では、ルネスタ1mg.2mg.3mg.マイスリー10mgで実施しています!入眠、副作用共に有意差はなかったみたいです。

あまり、マイスリーとの比較を書くと、イソが困るかと思って(笑)

そうですよね(^_^;)
色々なところを気にされながら書くのも大変ですよね。今後も読ませてもらいます♩

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1242301/45593372

この記事へのトラックバック一覧です: ルネスタ錠:

« 膀胱炎にクランベリー | トップページ | 子供の職業 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

私の会社

無料ブログはココログ